Column

困るお客様

初回でお越しになって、「こういう人って困るでしょ?」「こういうお客さんって鬱陶しいでしょ?」と卑下なさる方がいるんです。お気遣いは嬉しいんですが、いやいや全然そんなこと!と言ってみても納得してくれません。というわけで、僕の経験上で「困ったな」と思うお客様についてお話したいと思うんです。まず、「お任せします」と言ってまるで要望を言わない方。自分で範囲を狭めてしまうよりはいいかと思います。その所為で、そういう人たちの魅力を知らないままになったりしないからです。こういうある意味冒険的な「いろんな人と喋ってみたい」というスタンスは大変素晴らしいと思うんですが、それは「喋るまで」の話でいざ喋ってみて、「嗚呼、ダメだ」と思われた場合はぜひとも言っていただきたい。言わないと「気に入ってるんだ」と早急な僕は勘違いしてそのスタッフを着けておこうと思うんです。で後から「つまらなかった」と思われましたら悲しいんです。「どんな人がいいですか?」「わかんない」。あなたがわかんないのに僕が分かるはずが。「じゃああんたのオススメのスタッフ着けて」。僕のオススメと言えば僕。「じゃあ適当に着けて」。適当に着けたから不満だったんじゃ。「ほんと、誰でもいいんで」。だったら、さっきまで着いてた子でいいじゃない。「可愛い子がいいな」。僕は男の子を『可愛い子だな』という目で見た事ない。「じゃあ、あんたでいいわ」。あんたでいいわ、て。

著者:香助総支配人 Yukai life【カスケが斬る!】

Total:745 counter

Since 1997 Club ACQUA All Rights Reserved. 当店はホストクラブです。18歳未満の方のご入店、及びサイトの閲覧はお断りしておりますことをご了承下さい。 お問い合わせ プライバシーポリシー 免責事項 沿革 サイトマップ よくある質問と答え リンクについて Produced by Kaske Valid XHTML 1.0 Strict 正当なCSSです! -